はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修
2019年5月 講談社FRaU「スウェーデンの予防歯科事情」取材協力

ウェブサイト

2018年11月 Communication Gear「Sakataモデル:すべての人々の健康のために」寄稿
2019年4月 モノレコ「歯ブラシおすすめ26選|種類や選ぶポイントも!【歯科医師が教えるリアルな歯の話付き】」取材協力
2019年4月 電動歯ブラシおすすめ11選!【歯科医師によるアドバイスや効果的な使い方も紹介】」取材協力

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

アプリ

2019年6月 女性のための健康支援アプリ「LiLuLa」
コラム「清潔にしていても、性ホルモンによる歯周病に注意!」


これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会




2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演
2017年10月 「歯科医療の未来~世界の歯科事情を通して」山形
 オーラルフィジシャン・チームミーティングで講演とディスカッション座長
2018年9月 「う窩のない未来への第一歩 ~LINEを応用して~ 」東京
 ACFF日本支部メンバーズ・カンファレンス で講演
2018年12月 「海外のPhD(博士)課程を終えて」東京
 OP倶楽部で講演
2019年1月 "Knowledge of caries risk factors/indicators among Japanese and Irish adult patients with different socio-economic profiles" アイルランド・ダブリン
トリニティ・カレッジで歯内療法講座のスタッフへ講話
2019年6月、7月 「次世代のためのカリオロジー 2.0」東京
 歯科医療従事者を対象に「2019 年 これからの予防歯科を考える シンプルで効果的 カリオロジーのトレンドを学ぶセミナー」で講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年1〜4月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」「歯科臨床の近未来像を展望する」寄稿
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿
2017年1〜2月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」「スウェーデンにおける長期経過追跡研究の源泉を追う」 寄稿
2017年8月 株式会社オーラルケア「トータルペリオドントロジー」翻訳
2017年9月〜 大阪歯科保険医新聞「北欧の歯科医療最前線」連載
2018年8月 大阪歯科保険医新聞「治療から予防へ 歯科医療の未来を考える 合理性が導く予防策 」インタビュー
2018年8月、2019年4月 株式会社モリタ 「More Smiles」連載
2018年12月 Oral Diseases "International symposium defines the future role of oral physicians" 寄稿
2019年2月 株式会社クロスフィールド 「Dental World」寄稿
2019年3月 BMC Oral Health "The effect of mobile personalised texting versus non-personalised texting on the caries risk of underprivileged adults: a randomised control trial" 寄稿
2019年5月 株式会社オーラルケア「最新 小児歯科」翻訳
2019年6月 クインテッセンス出版株式会社「ザ・クインテッセンス」「個別化う蝕予防プログラムとモバイルヘルス」寄稿

ウェブサイト

2019年5月〜2019年11月 デンタルライフデザイン「ヨーロッパの果て、アイルランドに住んでみて」連載

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて
2018年4月~ 科学的エビデンスに基づいた Okuizomé プロジェクト

病院のはははなはなし

「甘いもの=むし歯」これってホント?

甘いものを食べすぎるとむし歯になっちゃうわよ!」
小さいとき、そんなふうにいわれた人も多いはず。しかし厳密にいうと、むし歯になる一番の原因は甘いものを「食べること」ってご存知でしたか?

むし歯の原因となる細菌は、食べ物に含まれる糖分やタンパク質をエサにして活発に活動します。お腹いっぱいになった細菌は、歯を溶かす“酸”を排出。この“酸”によって、歯の大切な成分であるカルシウムやリンが失われ、むし歯になるのです。

たとえば漂白剤を使うとき。衣類などに浸けたまま長時間おくと、布地が傷んでしまいますよね。
「11時にジュースを飲んで、12時にお昼を食べて、2時に差し入れのチョコつまんで……」
そんなふうにダラダラ食べ続けると、歯は“酸”に浸りっぱなし! 甘いものや食事はできるだけ集中した時間に食べ、歯を溶かす時間・回数を減らすようにする。それが、むし歯予防のコツなのです。

“酸”に負けない一番の特効薬は……

とはいえ旅行中や仕事上のお付き合いなど、食事の時間帯をコントロールできないこともありますよね。そんなときに役立ってくれるのが「唾液」。糖分を摂ったことで溶け出したカルシウムやリンなどの成分を、元に戻してくれるはたらきがあります。どんなにお菓子を食べ続けても、いきなりむし歯になることがないのはそのためです。

また、ときどきこんな自慢をしている人はいませんか?
「オレ、歯磨き全然してないのにむし歯ないんだぜ~」
その人は、もともと持っている細菌の数が少なく、溶け出した栄養分を元に戻す“唾液の力”が強いはず。むし歯になりやすいかどうかは「食習慣」「むし歯菌の数」「唾液の質」の三角関係を保つことが大事なのです。


まとめイラスト

現在の医療は、かなり進化中。「お口のなかにどのくらいむし歯菌が住みついているか」「唾液の力はどのくらい強いのか」などを調べることができます。甘いものの食べ方を気をつけるのはもちろん、自分のお口の特徴を知ることもむし歯予防の一環です。

正しい知識を身につければ、ムリに甘いものを我慢しなくても大丈夫。おやつタイムがますます楽しくなりそうですね!


リスク検査の詳細はこちら









  • はははなキシリトールはなし
  • 赤ちゃんのはははなはなし
  • ミライのはははなはなし