はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会

2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて

病院のはははなはなし

お口の健康が、体の健康をまねく?

「病気は口から始まっていた!」
「歯周病と全身疾患の関係とは!?」

近年、こういったテーマを掲げるTV番組をよく見るようになりました。実はここ10年ほど、お口と体の関係についての医学的研究が進んでいるのです。インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク博士らは、2008年に次の論文を発表しています。
「喫煙、その他のリスク要因を考慮したうえでも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のガンのリスク増大と大きな関連性があった」

まさか、歯周病がガンを引き起こす原因になっているなんて……。実はこのほかにも、歯周病が発症の引き金となっている疾患があります。

どれも、一度は聞いたことがあるほど有名な病気。一見何の関係もなさそうなお口の病気が、なぜ体にも影響しているのでしょうか?

歯ぐきのケアは、体を守るのに必要なこと

まとめイラスト

歯周病を患っている人の歯ぐきには、歯周病菌が潜んでいます。この歯周病菌は、さまざまな経路を通って体内へ……

  • 1. 飲み込むことで胃や肺へ

    歯ぐきのなかに潜んでいるということは、もちろん唾液中にも存在します。飲み込んで消化器官へ入り込むと、胃炎や肺炎を起こす原因になります。

  • 2. 血液に乗って全身へ

    歯周病を患って赤く腫れた歯ぐきは、いわゆるただれた状態。つまり傷口です。全体的に腫れてしまっている場合、その総面積はなんと手のひらサイズだそう!
    炎症を起こした傷口に歯周病菌がふれると、血液に乗って体内へ吸収されていきます。そのまま全身に運ばれ、さまざまな場所で悪さをするのです。

お口の健康が体の健康につながっていること。ちょっとだけイメージできたのではないでしょうか? 歯周病菌は、毎日デンタルフロスで歯ぐきのなかを掃除したり、定期的に歯医者さんにお掃除してもらうことで数を減らすことができます。100歳まで健康体を目指すなら、歯医者さんはホームドクターの一人ということになりますね。

  • 歯科医の賢い通い方
  • 歯ぐきのはははなはなし
  • ニオイのはははなはなし
  • ミライのはははなはなし