はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会

2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて

赤ちゃんのはははなはなし

子どものむし歯予防は、“マイナス1歳”から!

ある子育て支援サイトに、こんなアンケートが掲載されていました。
「ママ・パパにうかがいます。お子さんのむし歯が心配ですか?」
この問いに対し、「YES」と答えた人は9割以上。なかでも、「自分がむし歯になりやすいから、きっとこの子も同じはず……」と考えている方が多いようです。


まとめイラスト

そんなママやパパにぜひ伝えたいのが、“マイナス1歳からはじめるむし歯予防”。実は、産まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかにはむし歯菌がいません。ご飯を食べるときにお箸やスプーンを共有したり、「大好きだよ~」とチュウをするときに、周りの大人のむし歯菌が進入してしまいます。

つまり、妊娠中から周りの大人たちがお口の環境を整えておけば安心。遺伝うんぬんの問題ではなく、むし歯菌が感染しないようにしっかりコントロールしておくことが大事なのです。では、具体的に何をすればよいのでしょうか?

家族みんなで、思いきりかわいがれるように……

赤ちゃんの歯をずっと健康に守るために。まずはママのお口から整えていきましょう。むし歯菌の数を減らす主な方法は、次の3ステップです。

  • 1. まずはママのお口の状態をチェック!

    ママのお口のなかにどのくらい細菌がいて、どのくらいむし歯になりやすいのか。歯医者さんに診てもらい、まずは現状を認識することが大切です。

  • 2. 正しい歯磨きの方法を身につける!

    赤ちゃんが産まれてからは、毎日大忙し。時間がある妊娠中のうちに、むし歯菌が住みつきやすいプラーク(歯垢)を除去できる方法を身につけます。歯医者さんに「どこに汚れが残りやすいのか」を聞いておけば、さらに効率アップ!

  • 3. キシリトールを摂取する!

    むし歯予防製品として話題のキシリトール。実は、お口のなかで悪さをする細菌を善玉菌に変えてくれる性質があります。つわりが治まった頃からキシリトールガムを食べ続ければ、赤ちゃんが産まれる時期には悪玉菌がかなり減ります。

もちろんママだけでなく、パパ、おばあちゃん、おじいちゃんも。同じようにお口の環境を整えておきましょう。妊娠中は、家族として赤ちゃんを迎え入れるための大事な時期。みんなで思う存分かわいがれるように、しっかり準備したいものですね。

オススメ本「ラクに楽しく!マイナス1歳から~むし歯予防 [単行本]」

妊娠期からむし歯予防をはじめると、生まれてくるお子さんのためにどんな良いことが起こるのかがわかる1冊。ママからパパへ、家族みんなで共有したい情報満載の1冊です。


  • むし歯のはははなはなし
  • はははなキシリトールはなし
  • ミライのはははなはなし