はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会

2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて

病院のはははなはなし

“痛くなって治療”の繰り返しから私でも抜け出せると知ってびっくり!
自分のリスクを調べてもらったら安心だよってみんなに伝えたいです。

木橋 潤子さん 千葉県千葉市

「私はむし歯になりやすいから」って、あきめなくていいんだ!

子どもの頃からむし歯になることがとても多くて、小学校の低学年くらいから、歯医者さんにずっと通ってるような感じでした。大人になってからは、自分なりに丁寧な歯みがきを心がけたりはしてきました。でも、むし歯になるのは避けられないと、どこか諦めていました。
歯科医院との接点は多いと思うんですが、むし歯や歯周病にどれくらいなりやすいかを検査してもらえることさえ、まったく知らなかったんです。初めて“唾液”を調べてもらって説明を聞いたときに「え~っ! 唾液って、そんなに大切なんですか!」と思ったくらい。知らないってほんとうに怖いですよね。痛くなったら歯科医院に行って治療する、この繰り返しに何の疑問も持っていなかったんですから。

私はミュータンス菌が多いからむし歯になりやすいとわかりました。そんな私に合ったセルフケアの方法と予防メインテナンスに通う間隔を提案してもらえるから安心です。一生自分の歯で食べたいから、よっぽど遠くに引っ越したりしない限り、こちらに通うつもりです。

インプラントか入れ歯かの選択を迫られて大ショック!

こちらに通うようになったそもそものきっかけは、結婚して引っ越したこと。治療してもらっていた歯科医院が遠くなったんです。そんなときに歯が欠けてしまって。近所にある歯科医院へ行き、もちろん治療はちゃんとしてもらえたんですが、他にもむし歯が……。でも、ドクターと相性が合わないって感じたので、また別の歯科医院へ移りました。
そこでは診てくれるドクターが曜日によって違ったんですが、3人目のドクターに見てもらったとき、いきなり「治療したところの歯ぐきの色が気になるので、歯ぐきを開けて(手術して)調べていいですか?」といわれました。仕方なく調べてもらうと、かなり悪い状況で「抜くしかない」といわれたんです。「抜いたらどうなるんですか?」と質問したら、インプラントか入れ歯しかないという大々々ショックな回答でした。

この歳で入れ歯なんてイヤだ~っ、というのが正直な気持ち。担当のドクターが変わることにも抵抗があり、抜かずに残してくれそうな別の歯医者さんをネットで探しました。こちらのホームページで、私と同じような患者さんの歯を抜かずに残した症例を見つけて、「相談だけでも」と来たのが最初です。先生から「抜かないで大丈夫ですよ」と言ってもらえて、本当に嬉しかったんです。むし歯と歯周病のリスクを調べてもらって、メインテナンスに通えば確実に歯を残せると教えてもらったのはその後ですね。

最先端のむし歯・歯周病予防提供:佐倉ウェルネス歯科医院(千葉県佐倉市)

“歯科医院=痛い”は思い込みでした!
生涯健康な歯を保つことができる通い方があったんです。

金田 君江さん 東京都台東区

「まだ大丈夫」なんてもう言ってられない!?

“歯科医院は痛いところ”という幼い頃からのイメージが強くありました。それに加えて、治療で削ったり抜いたりしてボロボロの口のなかを見られるのが恥ずかしかったんです。だから、少しくらい歯が痛くても「まだ大丈夫、もう少し我慢してみよう」が口癖に。長い間、歯科医院に行くことを避けていました。でも、徐々に口のなかの粘つきや歯ぐきの出血が気になり始め、仕事でお客様とお話するときも「口臭があったらどうしよう」と不安になって……。それで久しぶりに歯科医院に行ったんです。

検査してもらうと、思っていた以上に歯も歯ぐきも酷い状態。「このまま放っておくと歯を失う可能性が高いですよ」。そう言われてゾッとしました。

自分の口のなかがどうなっているかを知って、過去の自分に喝を入れたくなりましたね。でも、先生から今後の治療法や対処法、きちんとケアすればどうなれるのかをしっかり教えてもらったことで、これからはきちんと歯の健康に取り組んでいこうと決心しました。

これからは1ヶ月に1回は歯科医院に行きたい!

検査結果をもとにした治療が終わって、現在は3ヶ月に1回のペースでメインテナンスに通っています。このペースは先生に決めてもらったのですが、本当は1ヶ月に1回は行きたいくらい! というのも、定期的に口のなかを診てもらっていれば、むし歯や歯周病にならないようにケアできると知ったからです。

それに毎日歯磨きをしても、どうしても磨き残してしまうところがあります。定期的に歯科衛生士さんにチェックしてもらって、掃除してもらえると気が楽なんです。自分が今、どの部分をちゃんと磨くべきかを教えてもらうこともできますしね。

完璧主義ではないんですけど、口のなかにむし歯や歯周病の原因があるって考えると気持ち悪いじゃないですか。今回のことでメインテナンスの大切さを十分に実感したから、家族や友達にも勧めています。歯を削ったり抜いたりしない、“健康になるため”の通い方を知れてよかったです!

最先端のむし歯・歯周病予防提供:久保歯科医院(東京都台東区)