はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会

2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて

だから歯って大事なんです!

(1)歯があるから美しい

口が梅干しのようにショボショボとすぼまり、なんだか顎が細長くなったみたい……。
歯がなくなってしまったお年寄りの顔を見て、そんなふうに感じたことはありませんか? そう、実はこれ、実際に顎の形が変わっているのです。

私たちの歯は、根っこの部分が「歯槽骨」と呼ばれる顎の骨に埋まり、支えられています。そして歯と歯槽骨は、「歯根膜」という細かくて弾力のある繊維でつながっています。ものを噛んだとき「これはかたいぞ」「やわらかいぞ」といった信号が脳に伝わったり、噛んだときの衝撃が頭や顎に行かない仕組みになっているのです。

ところが、歯周病が進行したとき。歯ぐきから始まった炎症は、歯を支えるこれらの組織まで侵し始めます。歯根膜は破壊され、左のイラストのように、歯槽骨は溶けていくのです。 歯がグラグラになって抜けてしまうのは、歯そのものが弱くなるからではなく、歯の周りの組織がダメージを受けて形が変わるからなんですね。

歯がなくなると、顎が細くなり顔つきが変わってしまう。これが事実であることがおわかりいただけたでしょうか。いくつになっても若々しく、美しくいるためには、お肌の老化を防ぐだけではなく、歯を大切にすることが大切です。

(2)歯があるから仕事に集中できる

メジャーリーグの選手がバッターボックスに入るときにガムを噛み、ベンチでヒマワリの種を食べるのは有名な話。これは主に「リラックスするため」と言われていますが、他にも目的があるのをご存知ですか?
(1)でお伝えした、歯と歯を支える歯槽骨の間の「歯根膜」。「三叉神経」という脳の一番太い神経につながっていて、脳のさまざまな部位を活性化するのです。

● 運動をコントロールする運動野
● 思考やコミュニケーションを取るときに働く前頭前野
● 感覚を司る感覚野
● 記憶の中枢である海馬
● 意欲と深く関係する線条体

仕事をするときやスポーツをするとき。あなたがしっかりと集中し、最高のパフォーマンスをするためにも、噛むことはとても大切です。健康な歯をしっかりと維持していきましょう。

(3)歯があるから笑顔になれる

うれしいときに口角をググッと上げて、不満なときはへの字口。怒ったときには目をつり上げながらプーっと頬を膨らます……。私たちが気持ちに合わせてコロコロと表情を変えられるのは、「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉のおかげ。顔の皮膚の下には、たくさんの細かな筋肉があり、複雑に働いています。

実はこれらの筋肉は、ものを食べるときにも使われています。つまり表情筋は、食べ物を唇ではさみ、歯で噛み、口の奥のほうに運ぶときに使われ、知らないうちに鍛えられているのです。歯がなくなれば当然運動が減るため、さまざまな表情をつくる筋肉は衰えてしまうことになります。

うれしいとき、悲しいとき、怒ったとき。表情豊かに人とコミュニケーションを取ってイキイキと暮らすためにも、しっかり噛める健康な歯が必要不可欠です。

(4)歯があるからおいしくご飯が食べられる

「味を感じるセンサーは舌にある。だから、歯がなくたって食べ物のおいしさを感じられるはず」
そう思ったことはありませんか? あなたが普段なにげなく行なっている「噛む」ということについて、一度じっくりと考えてみましょう。
想像してみてください。アツアツの唐揚げが、目の前に運ばれてきました。揚げたてのいい香り! あなたはレモンを絞り、すぐに箸を伸ばします。そして、最初の一口。前歯で噛み切ると、サクッ! 軽やかな衣の音に、隣の人が思わず振り返ります。

ハフハフハフ。あなたは噛み切ったお肉を奥歯のほうに送り、噛み合わせの面に乗せます。そして、上の歯と下の歯でぎゅっと噛みしめます。すると、肉汁がジュワッ! 「お、味付けにニンニクが使われているな」、と気づきます。そして、レモンを含んだ衣の油もジュワッ! 何度か噛みしめるうちにそれらすべてが絶妙に混ざり合い、何とも言えない味わいが口いっぱいに広がって……。「あぁ、うまい!!」


このように、舌が唐揚げの味をキャッチし、脳が「おいしい」と判断する前には、歯が重要な役割を果たしているのです。当たり前のことに思えるかもしれません。でも、もしも歯がなくなったら? そう考えたとたん、歯があることの大切さを、そして噛めることの幸せを実感できるはずです。

オススメ本「あの人のお口がにおったのはナゼ?」

このページは、当NPO発行書籍「あの人のお口がにおったのはナゼ? ~世界一やさしい歯周病の本~(P127~P135)」を引用しています。