はははトーク

当NPOについて

活動報告

2018/12/08

歯磨きの仕方、国際比較。

会員向けメールマガジン【歯の将来予測から始まるバラ色の人生】

バックナンバー vol.67

2018/11/17
歯磨きの仕方、国際比較。

こんにちは。

歯磨きの仕方、皆さんはどのように教わりましたか?

 

日本では「1日3回、3分間、食後3分以内で」なんて言われた時もありましたが、スウェーデンでは、「2−2−2−2のルール」を推奨しています。「1日2回、2分間、歯磨き粉を2cm使い、歯磨き後は2時間飲食を控える」という意味です。

 

毎日のことなので、3から2へのサイズダウンは大きな違いです。忙しい皆さんには、こちらの方が有り難いのでは?

 

スウェーデンでは、一人ひとりのリスクに基づく予防歯科を発展させていて、日本よりも歯が多く残っています。すると、「2」でもよさそうですね。NPO法人「最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会」(PSAP)でも、スウェーデン式を推奨しています。

 

アメリカの歯ブラシのパッケージにも、上あご、下あご、各1分間磨くことを推奨しているようです。この情報は、PSAPのマスコット犬でニューヨーク在住のモコさんより。彼女はPSAPのフェイスブックページ( facebook.com/yobousika/)でも度々登場しています。そちらも、ぜひ、覗いてみてください。

メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録