はははトーク

当NPOについて

活動報告

2012/01/27

【メルマガ vol.22】準備は万全ですか?

会員向けメールマガジン【歯の未来予測から始まるバラ色の人生】
バックナンバー vol.22


2012/1/27
準備は万全ですか?


寒中お見舞い申し上げます。

NPO法人『最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会』事務局です。
寒い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今週は東京でも初雪が降りました。
寒さの本番はこれからです。防寒準備は万全ですか?



さて、今日は病気を事前に調べる検査について。


昨年末、日本医学会が『医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン』を発表しました。読売新聞の医療サイト『yomiDr.』では、遺伝カウンセリングの記事をシリーズで展開。

記事全文はこちら 

姉が遺伝性乳がんを発症したため、遺伝カウンセリングをうける女性(妹)や、副作用の強い薬を飲む前に、副作用が現われやすいか遺伝子検査で調べる男性を紹介しています。

家族に遺伝性疾患の発症歴が多い人にとっては、遺伝子検査により自分がその体質ではないとわかることはこの上ない安心です。病気になりやすい体質だとわかった場合の動揺は計り知れませんが、検診をこまめに受けるなど早期発見・予防につながります。



歯科でこれにあてはまるのが、『リスク評価』です。たとえばむし歯に関しては、下記3つのリスクがすべて存在すると発症します。 

・細菌(むし歯菌の有無)
・基質(砂糖などの食生活)
・宿主(歯質・唾液の強さ、フッ素の使用有無 など)

あなたは、自分が抱えるむし歯のリスクを知っていますか?
リスクがわかれば、歯科疾患はほぼ100%予防できることが科学的に証明されています。確実に予防できる疾患だからこそ、多くの人にリスクを知ってもらいたいとわたしたちは考えています。


今日だけでなく10年後、20年後も健康でいるために。
今できること、準備できることを探してみてはいかがでしょうか。 

メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録