はははトーク

当NPOについて

活動報告

2011/11/04

【イベント】 リスク と セルフケア

精神障がい者の就労サポートを行なうNPO法人
「大阪精神障害者就労支援ネットワーク」と共に、むし歯や歯周病を防ぐ上で大切な"リスク"と"セルフケア"について紹介するイベントを開催しました。



jsn新大阪.JPG日時:10月28日
講師:NPO法人 最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会 事務局 山城かおり
会場:JSN 新大阪事務所




<イベント内容>
○第1部:リスクを調べて、予防しよう!
日本は"長寿大国"と言われていますが、実は、歯の寿命に関しては先進国の中でもとても短い国なんです! その理由は、処置しかしていないから。なってから対処するのではなく、なる前にリスクを調べ、予防することが日本人には欠けているんです。
そこで、今の口の中の状態や生活習慣などから15年後の歯周病になる可能性を調べる検査や、咀嚼力を測る検査など、歯科医院で実施している様々なリスク検査を紹介。そして、簡単にできる"唾液"の力を測る検査を実際に体験してもらいました。 

○第2部:セルフケアで、予防しよう!
お口の中の状態や抱えるリスクを調べ、その結果をもとに歯科医院で治療や予防プログラムを実施する。それと合わせて、毎日自分で行なう歯磨きも歯を守る上でとても大切です。そこで、意外と知られていない歯磨きグッズの世界を紹介! 歯ブラシ・歯磨き粉・洗口液は使っている方も多いかと思いますが、フロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシ・舌ブラシ・キシリトールはどうでしょう? 歯ブラシでは届かなかったり、磨きづらい箇所が口の中にはたくさんあります。磨き残しをなくすためには、部位に合わせてグッズを使い分けることが重要です。今回は歯と歯ぐきの隙間の汚れを唯一除去できるフロスと、むし歯菌と戦うキシリトールの作用について紹介しました。 

受講後にアンケートをお願いすると、ほとんどの方から「リスク検査を受けてみたい」という回答をいただきました。 



自分のお口の中の現状、抱えているリスクは調べることができ、その結果に基づいて自分に合ったケアを実践する。それが口の中の環境、ひいてはカラダ全体の健康づくりに繋がります。 この事実を多くの方に知ってもらい、むし歯・歯周病予防が実践される環境をつくるために、当NPO法人では今後も様々なイベントを開催してまいります。 

イベントの開催を希望される方は下記アドレスまでお問い合わせください。 
Info@honto-no-yobou.jp

メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録