はははトーク

当NPOについて

活動報告

2011/10/11

【イベント】むし歯予防選手権 in きたえーる

あなたの口の中に、むし歯ができる原因を知っていますか? 
親子に向けて、むし歯ができる原因を体験型で学べるイベントを開催しました。




日時:10月10日(体育の日)
会場:北海道札幌市 北海きたえーる


札幌にある総合体育センター"北海きたーえる"では、スポーツに関心をもってもらおうと、毎年体育の日に施設を無料で開放しています。クライミングやチアダンスなどのスポーツや、パトカー試乗や人形劇など、大人から子供まで楽しめる体験イベントが盛り沢山!!

ストレッチや栄養満点の食事同様、お口の中を健康に保つことは、安心快適にスポーツをするためにとても重要です。そこで、当NPOは"北海きたえーる"の無料開放イベントにブースを出し、お口の天敵、"むし歯"ができる3つの原因を紹介しました。



顕微鏡.JPGお口の中をのぞいてみよう
顕微鏡を使ってお子さんの口の中を実際にみてもらいました。一見きれいな口の中も実はたくさん菌が住んでいることにみなさんビックリ!『明日からはもっと歯磨きさせます!』『歯医者さんに連れてかなきゃ』など実際に菌を見ることで、ご両親のケアへの意識が一気に高まったようでした。


エサ.JPGむし歯菌のエサ!?
お口の中に残った食べかすは、むし歯菌の働きを活性化させます。しかし『甘いものはダメ』『おやつはダメ』と、ダメばかり言われても子どもは実践しづらいもの。甘いものの中でも特にどのような食品が歯によくないのか、どのように食べればいいのか(ダラダラ長時間食べない)など、無理せずにできる方法を紹介すると、多くの方がホッとされていました。


歯の体力.JPG歯の体力
だ液の強さを測ってもらいました。だ液の量が少なかったり、歯そのものが弱いと、むし歯菌に抵抗する力が弱まります。よく噛むことで、だ液の量は増えます。お子さんには『よく噛んで!』と伝えることも大切ですが、具を大きく切って料理をしたり、固い食品を意識的に食卓に出すと自然とよく噛むようになりますよ。 


リスク検査.JPGリスク検査を体験しよう
日々のセルフケアや食生活、歯科医院への通い方などの簡単な項目に答えると、むし歯・歯周病にどのくらいなりやすく何がリスク要因になっているのかが分かる簡易チェックツールを用意。医院で行う検査を疑似体験してもらいました。 

チェックツールの結果画面に多くあがっていたのが、痛くなったときしか歯科医院に通わないことが、リスク要因の一つになっているということ。日々のセルフケアでは取りきれない汚れを歯科医院で除去してもらうことは病気を未然に防ぐことにつながります!リスクを知り、未然に防ぐことの大切さについて、今回多くの方に知っていただけたかと思います。



最後に、セルフケアグッズ(キシリトールガム・歯ブラシ・部分磨き用歯ブラシ・フロス)をプレゼントしてお別れ。最初は少し緊張気味だった子どもたちも『明日から、これでハミガキしまーす』と元気よく返事をして帰っていきました。 


▼当日の模様は動画でもご確認いただけます▼
札幌市地域新聞ふりっぱー掲載動画
※クリックすると、youtubeにアクセスします


自分のお口の中の現状、抱えているリスクは調べることができ、その結果に基づいて、自分にあったケアを実践する。それが、口の中の環境・延いてはカラダ全体の健康作りに繋がります。この事実を、一人でも多くの方々に知ってもらうために、当NPO法人では今後も様々なイベントを開催してまいります。 

入口.JPGイベントの開催を希望される方は下記アドレスまでお問い合わせください。
Info@honto-no-yobou.jp
メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録