はははトーク

当NPOについて

活動報告

2011/04/08

【メルマガ vol.5】世界初!むし歯原因菌の構造が解明

会員向けメールマガジン【歯の未来予測から始まるバラ色の人生】
バックナンバー vol.5

2011/04/08
世界初!むし歯原因菌の構造が解明



こんにちは、
NPO法人 最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会 事務局です。

各地で桜の開花が始まりましたね。
枯れ木に蕾がつき、花が咲く。時間の経過とともに季節は確実に進みます。
東北にも桜の便りが届く頃には今よりも少しでも状況が落ち着いています
ようにと祈るばかりです。

 * * * * * * * * * * * * * *

先日、静岡県立大学の研究により、
世界で初めてむし歯原因菌の構造が明らかになりました。

口の中には、むし歯菌が住み着いています。
この菌が砂糖やデンプン質を食べて「酸」を作り、その「酸」によって
歯の表面が溶かされる病気が「むし歯」です。そのためこの菌の働きを
阻害することで、むし歯の発症を防止することが可能です。

今回、この菌がどのように形作られているか、その立体構造が分子レベ
ルで解明されました。今まで以上に菌の阻害物質をより緻密に設計する
ことが可能となり、むし歯予防への貢献が期待されます。

▼発表論文情報▼
う蝕病原菌由来グルカンスクラーゼの結晶構造

 * * * * * * * * * * * * * *

医学は日々進歩を続けていますが、その裏には重要な発見や発明があり
それらが医療の進歩を支えています。今回の件でいえば、病気の構造を
発見した人、この発見から今後治療法を見つける人、その治療法を実践
する歯科医院などの貢献があります。

では、私たち患者ができる貢献とは何でしょうか。
それは、医療の進歩に目を向け、最先端の医療を受けることを望むことでは
ないでしょうか。声を上げて望むことが、地域や立場を問わず、誰もが平等に
最先端の医療を受ける環境づくりにつながると私たちは考えています。

よりよい未来を目指して、本NPOでは今後も最先端の情報を追いかけ、
みなさまに配信してまいりますので、よろしくお願いします。

メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録