はははトーク

当NPOについて

活動報告

2011/01/25

日本の歯科治療を変えるために

雑誌『PAVONE Vol.19』(2011年1月20日発行)に
NPO理事長西執筆の記事が掲載されました。


先進国ではむし歯や歯周病は予防できる病気として位置づけられており
予防のための正しい知識・時間・経済的余裕がある人とない人とで
口の中の健康度が随分異なることが明らかになっています。

日本は欧米ほど貧富の差がない上、教育レベル・健康意識ともに高いにも
関わらず、病気を発症してからの対処療法しか行われていなかったために
むし歯になり、削られ、歯全体が抜けてしまう現象が起きています。


つづき(本文)はこちらから。
pavone p116-117.pdf

メールマガジン会員への登録はこちら 会員登録