はははトーク

とじる

活動情報

一人でも多くの人がむし歯・歯周病の予防法を知り、一生健康なお口で過ごせるようになってほしい……。一般の方へ向けた歯を守るための情報発信や、歯科医療従事者に向けた最先端の予防歯科導入の啓蒙活動を行っています。

講演や取材のご依頼に関しては info@honto-no-yobou.jp 宛てにご連絡ください。その他、当NPOと連携したキャンペーン等のご相談も歓迎いたします。

これまでに実施した企画(一般向け)

講演会

2011年4月 「唾液とむし歯・歯周病」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介
2011年10月 「むし歯予防選手権 」北海道
 スポーツイベント参加者にむし歯の原因を紹介
2011年10月 「リスクとセルフケア」大阪
 就労支援団体スタッフと利用者を対象に口腔ケアを紹介

出版

2011年7月 KPクリエイションズ「PAVONE」寄稿
2011年11月太陽電池教育研究室「太陽電池などによる東日本復興・私案及び原発と放射能の詳細」寄稿
2012年3月 精神保健ミニコミ誌「クレリィエール」寄稿
2013年3月 株式会社オーラルケア「あの人のお口がにおったのはナゼ?」監修
2014年4月 金原出版株式会社「小児科」寄稿
2014年6月 株式会社オーラルケア「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」監修

ラジオ

2010年12月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演
2013年2月 ラジオふらの「風の谷のモリシカ」ゲスト出演

メールシステム

2013年4月~ Goodbye Perioプロジェクト合同企画
メールシステム「誰かに話したくなるお口の話メール」配信開始

これまでに実施した企画(歯科医療従事者向け)

講演会

2010年10月 「最先端の予防歯科を患者に提供する」北海道
 歯科医療従事者を対象に歯科先進国の現状を紹介
2011年3月 「生涯に渡る歯牙保存のための予防プログラム」アイルランド
 歯科公衆衛生修士課程の学生を対象に日本で実践されている予防プログラムを紹介
2011年5月 「患者が要求する予防のすべて」東京
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」大阪
 歯学部卒業生を対象に講演
2014年6月 「歯科臨床の近未来を展望する」山形
 スタディーグループを対象に講演
2014年7月 「歯科臨床の近未来を展望する」鹿児島
 鹿児島大学歯学部付属病院スタッフと学生を対象に講演

出版

2010年12月 東京都予防医学協会「よぼう医学」寄稿
2011年1月 北海道医療新聞社「ケア」寄稿
2011年10月医歯薬出版株式会社「デンタルハイジーン」寄稿
2014年4月 株式会社オーラルケア「トータルカリオロジー」翻訳
2014年6月 医歯薬出版株式会社「歯界展望」寄稿

調査・研究

2013年5月~ 日本の歯科医師、その患者、一般人に対して個別化う蝕予防を促進するための新しいストラテジーについて

病院のはははなはなし

理事長メッセージ

「最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会」へようこそ!

理事長
西 真紀子(歯科医師)

神戸大学教育学部卒業/大阪大学歯学部卒業/スウェーデン・マルメ大学カリオロジー講座留学/酒田市日吉歯科診療所勤務/アイルランド・コーク大学博士課程(現在)

まず水道の蛇口を閉めて!

むし歯と歯周病をコントロールできていないために、この二つの病気に繰り返しかかり、次から次へと詰め物、かぶせ物をし、歯ぐきに炎症が起き、年齢とともに歯を失っているのが今の日本の現状です。
ちょうど水道の蛇口を開けたままにして、床に流れ広がる水を、床ばかり見ながら一生懸命拭いているように。水道の蛇口を見る視線があれば、まずはそれを閉じる、それからこぼれている水を拭くというのが正当な順序でしょう。

むし歯と歯周病の“水道の蛇口”の閉め方は、既に歯科医学のなかでは明らかにされて、特に北欧では30年以上前から日本とは違う取り組み方で“水道の蛇口”を閉め、成功を収めてきました。
つまり、リスクをコントロールする、病気が発症しないレベルまでリスクを軽減するという歯科医療です。
予防医療のなかで、むし歯と歯周病の予防は、方法論とその根拠の両面において、世界的にもっとも確立された分野だといわれています。
海外の予防先進国の状況は、誰もがほぼ確実に一生自分の歯で過ごすことが可能であることを指し示しているのです。

最新の知識を伝えたい!

むし歯と歯周病の個人のリスクに合わせた評価に基づいて、人それぞれにオーダーメイドされたセルフケアとプロフェッショナルケア。この2つを続けさえすれば、一生を通じて自分の歯をほぼ100%残せます。この事実を日本国民全員の知識とし、実践することを目的にこのNPO法人を立ち上げます。

全身の健康と切り離せない!

最近では、高齢者の歯を残すことが、多くの全身疾患の予防、医療費の減少、運動能力の維持、認知症の予防につながることもわかっています。
治療中心の受診から、リスク評価に基づいた予防歯科への転換は、私たちの健康な生活の実現に加えて、大きな社会問題となっている国民医療費の削減を意味するのです。
日本は世界に先駆けて未曾有の少子高齢社会に突入しました。すでに高齢を迎えた人々だけでなく、働きざかりの人々やこれからを担う子どもたちの将来にとっても、生涯にわたって健康で過ごせる社会の実現は、ある意味最重要とも言える課題ではないでしょうか。皆様のご意見をお待ちしています。